• ホーム
  • ニキビの種類その3「赤ニキビ」

ニキビの種類その3「赤ニキビ」

毛穴の皮脂がいつまでも残った状態であれば、白ニキビや黒ニキビよりも悪化してしまいます。毛穴に詰まっている皮脂によってアクネ菌が増殖されることで、赤ニキビに変わります。

その名の通り赤く見える状態です。アクネ菌がたくさん増殖されることによって、毛穴の周りを攻撃します。すると、攻撃された肌を修復するために毛細血管が集中して赤くなります。単に肌が赤く見えるようになるだけではなく、突起ができるかもしれません。

このように、赤ニキビも皮脂の過剰分泌が原因です。皮脂が大量に分泌されることで、毛穴にアクネ菌が大量発生します。アクネ菌が多くなることで炎症を起こしますから、そうならないようにしなくてはなりません。

問題は、炎症が起こってしまうと肌が赤く見えるだけではなく、ニキビ痕が残ることです。白ニキビや黒ニキビの段階ではあまりないのですが、赤ニキビは炎症した状態ですからニキビ痕が残りやすいです。しかも、ニキビ痕ができてしまうと簡単には治らないのでできないようにしなくてはなりません。

炎症が起こると、痛みやかゆみにも悩まされるようになるでしょう。かゆみは我慢することが難しいために、何度もかいてしまうかもしれません。かいてしまえば、余計に治りが遅くなります。むしろ、悪化しかねないのでかゆくなっても我慢してください。

毛穴の汚れや皮脂を取り除くことも必要です。特に、皮脂が多く分泌する場所は丁寧に洗いましょう。洗いすぎるとかえって肌が乾燥するので逆効果です。そうならないようにするためにも、ゴシゴシと洗ったり洗浄力が高い洗顔料を使わないようにしてください。ニキビが悪化している時ほど、洗浄力は高すぎ無い方が良いでしょう。

保湿成分が入っている洗顔料も良いですが、殺菌成分が入っている洗顔料を使うのも良いです。アクネ菌を殺菌してくれるからです。できてしまったアクネ菌を殺菌することで、早く赤ニキビを治すことができるでしょう。

赤ニキビができたら、とにかく早く治すことが重要です。ニキビ痕ができる危険性もありますが、痛みやかゆみもあるので不快な気持ちになるでしょう。かなり進行している状態ですから、簡単には治らないかもしれません。だからと言って、諦める必要はありません。適切なケアや治療をすることでニキビ痕を残さないで治すこともできます。正しいケアができているかどうかで差がつきます。だから、正しいケアをして早く治しましょう。