• ホーム
  • どうしてニキビができてしまったの?

どうしてニキビができてしまったの?

鏡を見て肌を気にする女性

なぜ、ニキビができたのだろうと思っていませんか。ニキビの原因を知ることも大事なことです。年代によっても原因が変わりますので、分けて考えていきましょう。

まずは、高校生などに多い思春期ニキビです。思春期はまだまだ成長する時期ですので、成長ホルモンが分泌されますが、それが過剰になってしまうと皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。皮脂自体は決して悪いものではありません。ただし、量が多すぎてしまうと皮脂は悪者になります。適度な量を分泌している人は思春期ニキビができていないはずです。毛穴に皮脂が詰まってしまうために、そこで炎症を起こします。そして、赤みやかゆみなどを引き起こすわけです。

大人ニキビはメカニズムが違います。思春期はあまり肌が乾燥しないかもしれませんが、大人になるとヒアルロン酸やコラーゲンなどが体内から自然と減少するために乾燥しやすくなります。また、ストレスを感じることが多くなるでしょう。今では女性の社会進出も進んでいますし、様々な人間関係などによって大きなストレスを感じることも珍しくはありません。

この他にも不規則な生活や寝不足や間違ったスキンケアなどが原因となって大人ニキビができます。乾燥している場所から皮脂が過剰分泌することもありますが、これだけではありません。

ストレスなどによって、肌のターンオーバーが乱れます。正常な場合は28日周期ですが、これが長くなってしまうと、いつまでも肌に古い角質が残り続けます。古い角質が残り続けてしまうことで、毛穴が詰まり炎症が起こることが大人ニキビの原因です。

メカニズムが大きく違いますが、どちらにしても毛穴が大きなカギを握っています。大人になるとストレスがたまる出来事が多くなるので、避けては通れないと思うかもしれません。仕事や人間関係で悩んでいるために、ニキビをあきらめなくてはならないと思っていませんか。確かに、ストレスから解放されるのは容易なことではありません。ずっと付き合い続けなくてはならないくらいではありませんか。

思春期であっても正しいケアをしないといけません。適切なケアをすれば改善します。実は、大人ニキビにも同じことが言えます。うまくストレス発散することも必要ですが、正しいケアをすることでかなり変わるでしょう。思春期の女性も大人の女性もどちらも諦めないでください。メカニズムを知ることで、これまで以上に自分が何をすべきかがわかったはずです。